スタッフ紹介


団体実体験アドバイザーをご紹介します。
当団体の強みは、うつ病を実体験した方、
またはうつ病のサポートをされていた方のみが在籍していることです。

代表:工藤 成美 - kudo narumi(関東)

「生きてるだけで親孝行」「頑張らない」「大事な人を大事にする」という"ありのままの自分に◯をつける"心理カウンセラー。
これまで、うつ病、強迫性障害、双極性障害、摂食障害、DV、自殺未遂を経験するも、24歳でアスペルガー症候群と診断され、生きづらさの根本的原因を解決し症状は良好。
10代、自分の居場所を求め、薬物・シンナー・アルコール依存・刺青・売春を繰り返す。
様々な職務経歴を経て、その後、心理学を学ぶ。
約20年間のうつ病実経験を活かし、全国各地のご相談者のカウンセリングを完全無料で行っている。
現在はカウンセリングと並行して、講演、精神障がい者向けの就労移行支援活動を行っている。

同時に
NPO法人若者メンタルサポート協会
発達障がい事業部長

も務める。

詳細は「代表紹介」をご覧ください。


実体験アドバイザー:小山 祐介 - koyama yusuke(関東)

1983年9月9日生、おとめ座(O型)。
幼少期から何の夢も希望もなく、大学卒業後システムエンジニアとして就職。
休日出勤・徹夜の連続(残業100時間以上)、出勤打刻禁止指示を含めた上司のパワハラから、
24歳でうつを発症。
これらの原体験から「どんな生き方もあっていい」をキャッチコピーに
ワークショップやイベント、創作、実験、その他(ヒューマンライブラリー出演など)を通じて活動中。


実体験アドバイザー:藤原 秀博−hidehiro fujiwara(関東)

神奈川県横須賀市出身。1977年7月生まれ、A型。
摂食障害・引きこもり克服専門心理カウンセラーで、依存症回復施設認定プロバイダー。
世界初の引きこもりに合わせた依存症回復プログラム本著者(=hide)。
青い鳥グループ(共依存勉強会)代表。
学生時代にイジメ・集団暴行を受けて対人恐怖症になり、不登校・引きこもりへ。
過去に最高体重128キロ、4ヶ月で40キロのダイエットをした事により摂食障害にもなる。
会社員をしながら、AC・トラウマ・依存症問題に取り組む。



サポートスタッフ:のんちゃん(関東)

自身も発達障がいを抱えながらも、障がいをもつ同じ仲間の生き辛さを軽減していくための活動を行っている。


サポートスタッフ:工藤 一俊 - kudo kazutoshi(関東)

代表 工藤成美の夫。
ホームページ作成などを担当。


Designed by CSS.Design Sample